カテゴリー : 15人以下 の一覧

ラ・ストーリア FIORE(横浜市緑区)

ラ・ストーリア FIORE(横浜市緑区)

リゾートホテルのような白い外壁にターコイズブルーの玄関ドア。建物全体の撮影は問題ないですが、室内の撮影が出来るのは正面に立って左側の住居(ウッドデッキが見える方)となります。集合住宅なのでスペース的な限界はあるもののリビングとダイニングの床に高低差を設けているので、立体的で実際よりも広く感じます。バス、トイレ含む全ての部屋が使用可能なので、アパートとしても一軒家としてもどちらにもみせることも可能。このサイズ感と間取りのスタジオは珍しくないですが、印象に残るのはこの建物と家具と雑貨のセンスが良いこと。実はこの住居は集合住宅をデザインした会社のショールームを兼ねているので細かい置物まで全てトータルコーディネートされているのです。20代から30代の方が好みそうな生活感がうまく演出されています。予め使用時期を伝えて貰えれば長期貸し出しも可能。周辺は閑静な住宅街ですが、袋小路の敷地は撮影しやすい環境となるでしょう。一度ロケハンでお確かめください。

家具も素敵な辻堂の住宅

MANAGEMENT SPACE

家具も素敵な辻堂の住宅

人気の湘南エリアからまた一軒家スタジオがデビュー。しかも長期貸しが可能な貴重なハウススタジオ。駐車スペースは2台まで。門から玄関ドアまでは程よい距離があり植栽が綺麗に映えます。床はフローリングが多く家全体が温かい雰囲気に。家具や建具も統一感がありトラディショナルな生活感が満載。全室での撮影が可能で特に2階は物が少なめ。控え室やメイクや室としてもご利用が可能。このスタジオには格好良い家具が多いのでスチール撮影もおすすめ。素敵な家具たちはたまに入れ替わることもあるのでロケハンをしてご確認ください。

文京区小日向の住宅(個人邸)

文京区小日向の住宅(個人邸)

一瞬、撮影専用のハウススタジオにも見えますが実際に人が住まれてます。オーナー宅は共同住宅の1室で2FLDKと寝室の2部屋がスタジオとして利用が可能。LDKの天井が高いので解放感あり。普段から部屋を綺麗にしているので現状復帰が比較的容易です。暗く感じるようであればバルコニーからは照明も当てることも可能。特徴は四方に空間のあるアイランド型キッチン。事前に打合せをすれば食器の提供も可能。もう一つは横長のカウンターテーブル。リモートワークやパソコン操作をしているシーンの撮影が出来ます。寝室が2部屋あるので男女の演者さんの控室として利提供可能。部屋の中央にガラスの引き戸があり、撮影スペースとチェックスペースを仕切れます。部屋全体はライト色の幅広フローリングに薄いグレーの壁。藍色やマゼンダカラーのポイント色は綺麗に映えます。少しリッチな一人暮らしや若いファミリーの住宅として設定可能なスタジオです。

海から近い茅ヶ崎の住宅(個人邸)

海から近い茅ヶ崎の住宅(個人邸)

アメリカ・西海岸のカルチャーを詰め込んだヴィンテージハウスをそのまま日本に。場所は茅ヶ崎、海岸までは歩いてすぐ。築40年の一軒家をリノベーションしているがオリジナリティに溢れオーナーのこだわりがビンビンと伝わる。ソファーのブルー、キッチンのオレンジ、イエローの照明器具のシェード……ミッドセンチュリーな色の組み合わせのセンスが抜群。床にはクラシックな雰囲気漂うオークのヘリンボーン。住宅最大の特徴でもあるカバードポーチは建物と庭をゆるやかに結び生活感のある背景が撮れます。ハウススタジオでは作り込むことが出来ない最高の一軒家。是非ロケハンへ。

小金井公園から近い住宅(個人邸)

小金井公園から近い住宅(個人邸)

全体的にコンパクトでもご覧の通り個性ある一軒家です。玄関ドアを開けると奥の中庭まで繋がる開放的なエントランスホールが出現。2FLDKの壁はシンプルな白で統一。床のフローリング、ハンドメイドの家具や照明はどれも素敵でここまで凝った内装は一般のハウススタジオではなかなかお目にかかれません。しかも部屋の入口がガラス張りのため空間に広がりと繋がりを感じます。1Fには控え室となる部屋があるのでメイク室や待機場としてご使用なれます。ブリックタイルの門と塗り壁というお洒落な背景に車を停めて撮影することも可能。女性が憧れるようなデザインが随所にみられ特に美容系、雑貨系、家族系のコンテンツには向いてます。住所は小平市で最寄りの駅は西武新宿線の花小金井駅となりますが、名門小金井カントリー倶楽部や都立小金井公園からも近く周辺の環境も緑や畑に囲まれ東京の多摩エリアを象徴する素敵な場所です。

本牧Home&Office (個人邸)

本牧Home&Office (個人邸)

横浜・本牧から初エントリー。撮影箇所は1F事務所・2F住居スペース・屋上の計3か所。晴れた日の屋上とバルコニーは解放感に包まれ気持ちの良いロケーションです。屋外用のテントやソファーも用意されているのでそのまま使用出来ます。1Fガレージにはバーカウンターがあり、その奥に事務所があり共に撮影が可能。2Fに上がるとリビング&ダイニング&キッチンとなり、奥行感タップリで寄ったり引いたりが自在です。部屋の至るところに格好良い家具が配置されているのですが全てオーナーさんが設計制作したオリジナルの家具です。(1つ1つにセンスと個性がありますが周りとの調和が完璧です)キッチン周りもスペースが確保され、アイランドカウンターの正面からの撮影も出来ます。建物は築10年を経過しているのですが古さを感じるどころか、逆に無垢の床材や壁のペイント等の経年変化が愉しめます。この味わいと落ち着いた雰囲気は従来のハウススタジオではなかなかお目にかかることはありません。

吉祥寺の住宅(個人邸)

吉祥寺の住宅(個人邸)

採光抜群、やさしい木の質感が伝わる個人邸 2階に上がると大きな1フロアのリビングが広がる。フローリング、天井、サッシは全て無垢材。正面には建築家吉村順三が考案した外枠、中枠の幅が全て同じ障子を配置。和洋どちらの撮影でも対応が可能。そしてこの空間に調和する家具たちはイギリス、デンマークから調達。これだけ部屋全体が多くの木に包まれながらも空間全体は1つにまとまってしまう不思議な空間。北側の障子の付いた大きなFIX窓と東側にある大きな掃出しからの採光は十分過ぎるほど。近くに接近した建物がないおかげで都内の住宅密集地にはない武蔵野の面影を感じさせる他に無い希少な現場でもある。