カテゴリー : 東京 の一覧

私道が使えるクリフヴィレッジ(東京都日野市)

私道が使えるクリフヴィレッジ(東京都日野市)

多摩川、浅川、多摩丘陵と沢山の自然に隣接する東京日野市。スタジオはこの街並みを一望できる南斜面を活用した3棟のアパート。敷地全体が袋小路となっておりアパート住人の通行を除けばクローズドな環境となります。敷地を繋ぐ私道は駐車スペースや機材置場としても利用可能で撮影進行がスムーズ。外観、内観のデザインはスタイリッシュでかなりお洒落。撮影可能となる対象はアパート3棟の外観と外周。室内については予め家具が設置してあるショールーム部屋となります。他の部屋を追加で使用する場合は要相談で別途見積となるのでご了承下さい。ある程度の撮影規模に対応可能で長期使用も出来る希少なスタジオは映画やドラマ向き。未だ開発は継続中でスケールは更に広がるので、ロケハンで最新の状況をご確認ください。

文京区小日向の住宅(個人邸)

文京区小日向の住宅(個人邸)

一瞬、撮影専用のハウススタジオにも見えますが実際に人が住まれてます。オーナー宅は共同住宅の1室で2FLDKと寝室の2部屋がスタジオとして利用が可能。LDKの天井が高いので解放感あり。普段から部屋を綺麗にしているので現状復帰が比較的容易です。暗く感じるようであればバルコニーからは照明も当てることも可能。特徴は四方に空間のあるアイランド型キッチン。事前に打合せをすれば食器の提供も可能。もう一つは横長のカウンターテーブル。リモートワークやパソコン操作をしているシーンの撮影が出来ます。寝室が2部屋あるので男女の演者さんの控室として利提供可能。部屋の中央にガラスの引き戸があり、撮影スペースとチェックスペースを仕切れます。部屋全体はライト色の幅広フローリングに薄いグレーの壁。藍色やマゼンダカラーのポイント色は綺麗に映えます。少しリッチな一人暮らしや若いファミリーの住宅として設定可能なスタジオです。

六本木のマンション(個人邸)

六本木のマンション(個人邸)

東京都港区六本木の高級高層マンションの13階。一見ハウススタジオにも見えますが実際に人が生活している住居なのです。白い大理石タイルや革張りのソファはリッチで柔らかな優しい印象を与えます。植物の色やディテールもこの空間に合うものばかりで都会でセンス良く暮らすってこういう場所なんだと納得させられます。スペース的には広くないので商用スチール撮影、少人数の動画撮影がお薦め。女性や美容に関連する対談やネット配信などにも相応しいスペースです。因みに部屋の奥にあるハープは移動可能です。もしハープを中心に撮影を希望される場合は事前にご相談下さい。

東京都大田区の住宅(個人邸)

東京都大田区の住宅(個人邸)

東京都大田区の一軒家ハウススタジオ。エントランスに入り大きなジャカランダをくぐると住宅をかこうようにウォーターガーデンが広がります。右手に見える芝生を通りぬけると木製のオリジナル玄関が迎えます。室内は基本的に古材とアイアンを基調としたインダストリアルな空間が広がり、アンティークのシャンデリアや暖炉、カウンターなどがあります。部屋ごとにアクセントカラーを設けており、イロイロな雰囲気での撮影が可能です。住宅は2階建てで南に面しており、近隣の物件から視界を遮らないのでとても明るく、屋上庭園もあります。Thehome.では撮影実績ナンバー1のハウススタジオ。

品川の1人暮らし住宅(個人邸)

品川の1人暮らし住宅(個人邸)

東京都品川区の一軒家の4F建て狭小住宅。玄関ドアを開けるとすぐにLDK。撮影お薦めポイントはズバリこの空間。本物のRC(コンクリート)は少しクールで大人っぽい。床に使用している古材も今風でおしゃれ。男性と女性どちらの1人暮らしにも設定が可能。このギュッと詰まった1Fの空間を2階から照明当てることも俯瞰撮影も出来る。ベッドルームはメイクと控室として使用可能。Thehome掲載物件史上最も小さなハウススタジオ。ミニマムサイズでも普通のアパートやワンルームに何かアクセント付けたいという撮影にお薦め。

田園調布の住宅(個人邸)

田園調布の住宅(個人邸)

東京都大田区田園調布の一軒家。玄関、LDK、浴室、洗面、全てが広く色々な位置からカメラを置くことが出来る。圧倒的な解放感のLDKは天井が通常の住宅より高いが、3Fロフトスペースから俯瞰撮影も可能。インテリアと家具は白から淡いベージュで統一され、室内全体が上質な雰囲気に包まれ「高級感」「セレブ感」の演出を更に高める。キッチンカウンターは高めにオーダーされているので、外国人モデルでもサイズ的な問題は解消され、海外の住宅という設定で撮影しても何の違和感もない。生活者がいる一軒家住宅でありながら機材置き場、メイクスペース、控え室、映像チェックスペースなど諸々の課題にも対応できるハウススタジオに近い機能を装備している。

中野のリノベーション住宅(個人邸)

中野のリノベーション住宅(個人邸)

東京都中野区の築60年の一軒家をフルリノベーション。ほっとする昭和の趣きと最近のトレンドがうまく融合した他にはない空間です。1Fの各部屋は昭和40年代前後の生活感を再現。その一方でガラス貼りの白い浴室はお洒落で斬新なスペースとなっています。2Fは仕切りがなくリビング、ダイニング、キッチン、屋根付ベランダのどこからでもカメラを置けるので撮影しやすい空間に。生活用品、アパレル、雑貨、家電、飲料、食品などを1人暮らしから大家族まで、昭和から令和からどの時代背景にも幅広い設定での撮影が可能です。

中目黒の住宅(個人邸)

中目黒の住宅(個人邸)

LDKは地下1Fですが、地上からの採光を最大限に取り入れていることが出来ています。一軒家でも広めのマンションでも両方設定が可能。キッチン周辺はスペースがあるので正面からも横からも撮影が可能です。オーナーさんのセンスが良いので大概キッチンの小物はそのまま撮影背景として使用されます。都会的な雰囲気を醸し出しながらもシャープ過ぎず、温かみのある生活感を体感できるお洒落なスペースです。食品、アパレル、雑貨、幅広い業種でご利用可能です。 現在では部屋を広くみせるために壁に鏡を設置して好評を得ています。

渋谷区恵比寿・海外住宅ショールーム

渋谷区恵比寿・海外住宅ショールーム

東京都渋谷区、最寄りの駅は恵比寿。一見豪華な住宅にもまえますが海外の建築材料を輸入する企業様のショールームなのです。来客の打ち合わせなどが無い時間帯と限定されますが、内装、家具、照明がトータルコーディネートされているのでとても素敵な空間となっています。撮影中も近くの共用部分を社員が通るので同録時に周りの動きを止めることは出来ません。短時間の部分的な録音でしたら相談に応じます。ビルの内部にあるショールームなので採光はそれほど望めませんがファッション系、美容系のスチール撮影などには向いてます。専用部屋は無いですが着替えやメーク部屋が可能な部屋もあります。

小金井公園から近い住宅(個人邸)

小金井公園から近い住宅(個人邸)

全体的にコンパクトでもご覧の通り個性ある一軒家です。玄関ドアを開けると奥の中庭まで繋がる開放的なエントランスホールが出現。2FLDKの壁はシンプルな白で統一。床のフローリング、ハンドメイドの家具や照明はどれも素敵でここまで凝った内装は一般のハウススタジオではなかなかお目にかかれません。しかも部屋の入口がガラス張りのため空間に広がりと繋がりを感じます。1Fには控え室となる部屋があるのでメイク室や待機場としてご使用なれます。ブリックタイルの門と塗り壁というお洒落な背景に車を停めて撮影することも可能。女性が憧れるようなデザインが随所にみられ特に美容系、雑貨系、家族系のコンテンツには向いてます。住所は小平市で最寄りの駅は西武新宿線の花小金井駅となりますが、名門小金井カントリー倶楽部や都立小金井公園からも近く周辺の環境も緑や畑に囲まれ東京の多摩エリアを象徴する素敵な場所です。

世田谷の住宅 (個人邸)

世田谷の住宅 (個人邸)

撮影場所となるLDKは2階となります。床の高さが異なる設計なので空間全体に立体感を感じます。ダイニングとキッチンは同じ床の高さ。そこからリビングに行くには数段の階段を上ります。さらにその高いリビング全体を俯瞰できる広いロフトがあります。 室内階段からはその中間の高さからの撮影が可能です。またリビングの床と同じ高さにあるのが事務所の机。普段はこの空間でお子さんが遊びまわりご主人がデスクワークをしているのが日常だそうです。 内装はシンプルな感じで床の無垢材をはじめ木質感が印象に残ります。リビングを見上げるとバルコニーがありますが全面ガラス張りとなっているので採光は十分です。特にリビングの家具が少ないので空間全体はスッキリとした感じです。 キッチン周りのスペースが広いのでどこからでも撮影が可能な万能型なスタジオです。1F部分の撮影スペースは基本的にありませんが、演者さんの控室などにも代用も可能なのでご相談ください。 東京の世田谷という立地でこのような素敵な住宅をスタジオとして利用承諾戴けたオーナーさんに感謝です。

モダンスタイル 江戸川区の住宅(個人邸)

モダンスタイル 江戸川区の住宅(個人邸)

東京都23区、城東エリアから素敵な個人邸のエントリーが有りました。3階建てのいわゆる狭小住宅の部類に入るが室内には素敵な背景がたくさんあり、世界の一流ホテルや有名建築家の建造物を自らの足で巡ったオーナーの住宅に関する拘りが随所にみられます。 子供部屋、寝室、書斎などの各部屋も非常に個性豊かなのでテーマ毎のピンポイント撮影が可能。これは廊下や階段などの共有部分についても同じこといえます。そして一番使い勝手が良いのが2階部分のリビング&ダイニング&キッチンになるでしょう。同じ壁面でもタイル、漆喰、ペンキ塗装と色々な表情がありカラーは清潔感ある白系で統一されています。同じ白でも光沢感は無く格好良いです。サッシのフレームや家具類は逆に黒系で統一。採光も取れて正直狭さは感じません。対面式のキッチンなどは主婦、子供、家族などの撮影に向いてピッタリです。よくある一軒家のハウススタジオと比較するとセンスの良さ、爽やかさ、新しさなどに違いを感じることができるでしょう。

吉祥寺の住宅(個人邸)

吉祥寺の住宅(個人邸)

採光抜群、やさしい木の質感が伝わる個人邸 2階に上がると大きな1フロアのリビングが広がる。フローリング、天井、サッシは全て無垢材。正面には建築家吉村順三が考案した外枠、中枠の幅が全て同じ障子を配置。和洋どちらの撮影でも対応が可能。そしてこの空間に調和する家具たちはイギリス、デンマークから調達。これだけ部屋全体が多くの木に包まれながらも空間全体は1つにまとまってしまう不思議な空間。北側の障子の付いた大きなFIX窓と東側にある大きな掃出しからの採光は十分過ぎるほど。近くに接近した建物がないおかげで都内の住宅密集地にはない武蔵野の面影を感じさせる他に無い希少な現場でもある。

Cafe Riverside 武蔵野(家カフェ)

Cafe Riverside 武蔵野(家カフェ)

モルタルと木質の良い調和。入口大きな外観内観共に◎な家café 外壁は無垢のシダー材、綺麗な仕上げ面を使わず木の質感が伝わる裏面を敢えて表向きに張っている。こあがりになってるウッドデッキを上がると片引きの大型木製サッシがお出迎え。庭は決して広くはないが引いて撮影しても良い絵が撮れます。店内は床モルタル、壁は白ペイント、梁と天井も全て無垢材、家具は全てがこだわりで国内外の有名ブランドの逸品ばかり。奥に入っても入口の大開口と横に長い木製サッシのおかがで店内は明るい。シンプルで日本らしさと海外の雰囲気をも感じさせる素敵な空間。