タグ : アイランドキッチン の一覧

横浜市青葉区・美しが丘の一軒家スタジオ

横浜市青葉区・美しが丘の一軒家スタジオ

中庭と連続する1Fのリビング、ダイニング、キッチンがメイン。天井の高さと等しい木製窓は柔らかな日差しを部屋の奥まで届け、中庭のシンボルツリーが木陰をつくり内外の空間を彩ります。置いてある椅子や家具のセンスや、壁の素材や色のメリハリなど、インテリアのクオリティはとても高いです。地下と2階に空き部屋がありますが、床、壁のトーンが違うおかげで一軒の家でたくさんの撮れ高が期待できるでしょう。演者の控室とメイクもこちらで対応が可能です。通りから家の内部はほぼ見えないつくりになっていているので撮影の進行はスムーズでしょう。家のサイズは決して大型ではないですが、スチールもムービーも両方人気が出そうな一軒家です。オーナーの都合で期間限定貸出の可能性も高いのでお早めに問合せ下さい。

川崎市鷺沼の庭が素敵な一軒家スタジオ(個人邸)

川崎市鷺沼の庭が素敵な一軒家スタジオ(個人邸)

閑静な住宅街にある一軒家スタジオ。1Fキッチン、リビング、ダイニングと庭での撮影が可能です。余計な装飾を出来るだけ排除し主張を抑えた空間に、海外生活から持ち帰った思い出のソファーやガーデンファーニチャーが点在。スッキリしていながらも温かみがあり心が落ち着きます。日常を豊かにすべく家電が表に出てこないようにデザインされたチークの面材とステンレス天板のキッチンやそこから見える庭の景色。慌ただしい平日の朝ごはんの時間や、晩御飯の支度すら豊かな時間に変えてしまいます。陽が出れば木漏れ日が、風が出れば枝が揺れ、春になれば新芽が芽吹き、雨が降れば植栽が映り込む水面のようになるウッドデッキ。スタティクな建築物に対照的で、庭は表情豊かに時間の流れを可視化してくれます。無垢のウッドデッキやガーデンファーニチャーは、経年変化でシルバーグレーになっていますが、それこそが本物の証。キッチン、リビング、ダイニングどこから構えてでも、素敵な背景をお届けすることが出来るのです。大多数でのムービー撮影よりスチール撮影の方が向いているかもしれません。都心からのアクセスの良い、庭の緑を取り込むことにこだわったインテリアの一軒家は、TheHomeの中でも希少です。

町田の一軒家スタジオ(個人邸)

町田の一軒家スタジオ(個人邸)

東京都町田市の一軒家ハウススタジオ。細長い駐車スペースは縦列で最大4台収容可能。 外観はリゾートホテルのように上品な佇まい。車を降り、ヨーロッパの石造りを彷彿させる玄関までのアプローチも非日常的で優雅な空間。1階LDK約30畳の一部は天井吹き抜けとなっており開放的で採光も抜群。奥からキッチン、ダイニングテーブル、ソファの順番はよくある定番の配列。全体の内壁は明るく清潔な白で統一されているが、部屋ごとにもテーマ分けされており、印象的なカラーや特徴的なパターンの壁紙も。植栽もよく手入れされており特に庭の緑と背後にある裏山との一体感は絶妙。中庭は小さな森を感じさせる雰囲気があり、約40平米の北側の庭にも、タイルデッキにソファやテーブル、パラソルなど、撮影スポットは至るところに。夕暮れ以降のライトアップはさらに雰囲気が高まり、撮影スタジオ前提でデザインされた戸建てが住宅街に浮かびあがる。

軽井沢の一軒家スタジオ(別荘)

軽井沢の一軒家スタジオ(別荘)

北欧のリゾート地にある一軒家をそのまま日本で再現した記憶に残る住宅です。 通常ログハウスは茶系の塗料が定番だが、敢えて白拭き取り塗装にしたおかげで上質で落ち着いた雰囲気となりました。1階LDKの床は高級感ある磁器タイルを使用しているので空間の繋がりと広さを感じます。リビング、ダイニング、キッチンもお洒落な生活感を出しながらも家具や雑貨も全体的に少な目。効果的に足していけばオリジナルの世界観がつくれるでしょう。LDKの他に3部屋あるので、演者メイク&控え、クライアントチェック、として活用可能。建物周辺もスペース的に余裕があるので人数、車両、搬入、照明などの課題もクリアとなりました。

八王子の一軒家スタジオ(個人邸)

八王子の一軒家スタジオ(個人邸)

八王子の閑静な住宅街の一軒家。全体的にモノが少なく整頓された室内はハウススタジオにも見えますが実際に住人が生活されています。外装は鮮やかなブルーグレー。玄関ドアとガレージが同時に撮れますがあまり引くことは出来ません。内装はエイジング加工された木材や個性的なインテリアに囲まれたアメリカン・ヴィンテージ。壁の素材や仕上げが多彩なので向きを変えれば違う部屋としても撮れます。LDKのLED照明はタブレット操作で色を変えることが可能。二階には個室があるので撮影も可能ですが演者さんのメイク、控室としてもご使用できます。屋上からの風景は周囲に遮るものが無く昼も夜も西多摩の街並みが綺麗に見渡せます。八王子インターから数分で到着するアクセスの良さは移動時間も計算しやすいメリットがあります。

横浜市旭区の一軒家ハウススタジオ(個人邸)

横浜市旭区の一軒家ハウススタジオ(個人邸)

横浜市旭区にある一軒家スタジオ。駐車スペースが広いので玄関出入りのシーンが撮影可能です。車両を含めた撮影も可能で車の配置も左右選ぶことが出来ます。2階LDKは撮影しやすい広めのアイランドキッチン。LDKの床、キッチン・キャビネットの面材、キッチン上の天井の仕上げが木質で統一。材質は皆異なりますが、色のトーンも似ているので空間全体が落ち着いた雰囲気に。天井は高めで開放感に包まれます。他に1階の主寝室や洗面室なども広めの設計となっており撮影場所としてもメイク・控室としての利用が可能。付近は閑静な住宅街で公園や動物園など撮影スポットにも恵まれています。

私道も使える茅ヶ崎の一軒家(個人邸)

私道も使える茅ヶ崎の一軒家(個人邸)

採光抜群な一軒家ハウススタジオ。人気の湘南エリアで海岸までもすぐの距離。 LDKは2階となりキッチンがとても印象的。アイランドカウンターにはガスコンロしかなく、手前側をスッキリと見せることができます。壁に並んだキッチン用具は生活感を出しながらも綺麗に美しく陳列されています。美術品の持ち込みや装飾の手間も省けるでしょう。 リビングの天井は吹き抜けとなっており俯瞰撮影も可能。スペースに余裕のあるウッドデッキは機材や照明も置けます。こちらの住宅は私道に面した4棟のうちの1棟となっており、外観撮影であれば他の住宅が映っても問題ないように交渉が可能です。一軒家の撮影でよく課題となる車両の乗り入れや機材搬入の問題も事前に交渉をすればクリアになります。家のサイズとしては大型でなくてもご近所の協力を得て撮影しやすい環境が実現しました。

都内から90分 神栖の住宅

都内から90分 神栖の住宅

都内から高速で90分。建物の外周に敷地が有るので玄関先や車の出入庫などのシーンはお薦め。廊下や部屋を仕切りる壁が少なく撮影には好条件が揃っています。具体的には1F玄関の土間から、フリールーム、寝室の2部屋の奥行きを撮ることが可能。この間取りは他のThehome.のスタジオ(一軒家)には無く希少です。2階LDKもワンフロアーで、家族の団欒、料理シーンなど一軒家スタジオ定番の撮影シーン全てに対応が可能。カラーリング、素材感など若い世代が憧れる要素がこの家には詰まっています。もうひとつの特徴は都内では実現できない引いて撮ることが出来ます。敷地内からも引いて撮影出来ますが、通りの反対車線側からもカメラを置くことが出来ます。敷地内にも駐車は5台は置けますが、それ以上の駐車は近隣の駐車場を有償で借りることが出来ます。近隣のご協力も頂き撮影しやすい環境が整っています。

文京区小日向の住宅(個人邸)

文京区小日向の住宅(個人邸)

撮影専用のハウススタジオにも見えますが実際に人が住まれてます。オーナー宅は共同住宅の1室で2FLDKと寝室の2部屋がスタジオとして利用が可能。LDKの天井が高いので解放感あり。普段から部屋を綺麗にしているので現状復帰が比較的容易です。暗く感じるようであればバルコニーからは照明も当てることも可能。特徴は四方に空間のあるアイランド型キッチン。事前に打合せをすれば食器の提供も可能。もう一つは横長のカウンターテーブル。リモートワークやパソコン操作をしているシーンの撮影が出来ます。寝室が2部屋あるので男女の演者さんの控室として利提供可能。部屋の中央にガラスの引き戸があり、撮影スペースとチェックスペースを仕切れます。部屋全体はライト色の幅広フローリングに薄いグレーの壁。藍色やマゼンダカラーのポイント色は綺麗に映えます。少しリッチな一人暮らしや若いファミリーの住宅として設定可能なスタジオです。

中目黒の住宅(個人邸)

中目黒の住宅(個人邸)

LDKは地下1Fですが、地上からの採光を最大限に取り入れていることが出来ています。一軒家でも広めのマンションでも両方設定が可能。キッチン周辺はスペースがあるので正面からも横からも撮影が可能です。オーナーさんのセンスが良いので大概キッチンの小物はそのまま撮影背景として使用されます。都会的な雰囲気を醸し出しながらもシャープ過ぎず、温かみのある生活感を体感できるお洒落なスペースです。食品、アパレル、雑貨、幅広い業種でご利用可能です。 現在では部屋を広くみせるために壁に鏡を設置して好評を得ています。

鵠沼の住宅(個人邸)

鵠沼の住宅(個人邸)

湘南・鵠沼の周辺は大きなお屋敷もある閑静な住宅街の中にあります。玄関ドアと駐車場を一緒に撮影することが可能です。アプローチが長いの特徴です。外観はシンプルですが室内は構造から仕上げまで大工さんのこだわりが至るところに詰まってます。よくあるコテコテの和風住宅とは異なり落ち着いた空間でありながら古さは感じません。実際に住まわれているご家族も若いご夫婦とお子さんです。特徴はキッチンを正面からも横らも撮影が出来ます。特に横方向は通常の住宅間取りより奥行きを感じることが出来ます。2階は待機、メイクなどに使えますが、普通のお洒落な部屋としての撮影も可能です。

モダンスタイル 江戸川区の住宅(個人邸)

モダンスタイル 江戸川区の住宅(個人邸)

東京都23区、城東エリアから素敵な個人邸のエントリーが有りました。3階建てのいわゆる狭小住宅の部類に入るが室内には素敵な背景がたくさんあり、世界の一流ホテルや有名建築家の建造物を自らの足で巡ったオーナーの住宅に関する拘りが随所にみられます。 子供部屋、寝室、書斎などの各部屋も非常に個性豊かなのでテーマ毎のピンポイント撮影が可能。これは廊下や階段などの共有部分についても同じこといえます。そして一番使い勝手が良いのが2階部分のリビング&ダイニング&キッチンになるでしょう。同じ壁面でもタイル、漆喰、ペンキ塗装と色々な表情がありカラーは清潔感ある白系で統一されています。同じ白でも光沢感は無く格好良いです。サッシのフレームや家具類は逆に黒系で統一。採光も取れて正直狭さは感じません。対面式のキッチンなどは主婦、子供、家族などの撮影に向いてピッタリです。よくある一軒家のハウススタジオと比較するとセンスの良さ、爽やかさ、新しさなどに違いを感じることができるでしょう。

山手の住宅vol 3

山手の住宅vol 3

新築住宅ですが、あまり生活感が漂わない綺麗で若い感じの住宅です。キッチンを中心に色々な方向からの撮影が可能です。実際にはそれほど大きな住宅ではありませんが、二階の待機部屋など空いてる部屋が多いので1軒丸ごとスタジオのように使うことが可能です。無垢のフローリングや木製のドアなど本物の建材を使用しているのでチープな感じは全くしません。ハウメーカーには無い個性的な可愛い一軒家です。