タグ : シンプル の一覧

岐阜県中津川市の一軒家vol.2
岐阜県中津川市の一軒家vol.1
川口市の一軒家スタジオ(個人邸)

川口市の一軒家スタジオ(個人邸)

埼玉県川口市の一軒家スタジオ。定番のリビング&ダイニング&キッチンは勿論、建物外観、庭、駐車場、玄関出入りと撮影場所が多いのが特徴。濃紺色の外壁は引き締まったシャープな印象。白で統一された室内壁は明るく気持ちの良い空間。床と天井の木質は安らぎと温かみを感じます。リビングとキッチンがL字で結ばれているため、さりげない生活感を背後でみせることが出来ます。また一軒家には珍しい早朝と深夜撮影も相談可能です。実際に人が生活している家でもハウススタジオ並みの撮影環境が整備されている貴重な一軒家です。

鎌ヶ谷の一軒家住宅(個人邸)

鎌ヶ谷の一軒家住宅(個人邸)

千葉県鎌ケ谷市に位置する一軒家スタジオ。駐車スペースから室内まで、撮影可能なエリアが広がっています。開放感と採光が豊かな2階がおすすめですが、和の雰囲気が漂う落ち着いた雰囲気の1階でも撮影することは可能です。一軒家スタジオの壁は白基調で、床、天井、建具は木製。シンプルでいながら全体に木の温もりを感じます。また2階LDKは、間取り的にマンションの一室にみたてることも出来ます。周辺は閑静な住宅街ですが、車両や機材の課題も対応可能なマルチな一軒家スタジオです。

モノトーンな座間の一軒家(個人邸)

モノトーンな座間の一軒家(個人邸)

神奈川県座間市の閑静な住宅街の中にある一軒家スタジオ。撮影対象は1階のLDKがメインとなりますがサイト上で掲載している2階の主寝室などもご案内可能です。室内のテーマはモノトーン。玄関ドアとフローリングの木目を除けば、内装から、家具、家電に至るまで白、黒、グレーの見事な統一。従来のハウススタジオであれば理解出来ますが、ここまで徹底している個人宅スタジオは希少です。家のサイズがあまり大きくないので、スチール撮影や少人数での動画案件でのご利用がおすすめ。都内から東名横浜町田IC下車、R246からもすぐのアクセス。Thehome.の中でも唯一無二のこだわり住宅は一見の価値ありです。

川崎市鷺沼の庭が素敵な一軒家スタジオ(個人邸)

川崎市鷺沼の庭が素敵な一軒家スタジオ(個人邸)

閑静な住宅街にある一軒家スタジオ。1Fキッチン、リビング、ダイニングと庭での撮影が可能です。余計な装飾を出来るだけ排除し主張を抑えた空間に、海外生活から持ち帰った思い出のソファーやガーデンファーニチャーが点在。スッキリしていながらも温かみがあり心が落ち着きます。日常を豊かにすべく家電が表に出てこないようにデザインされたチークの面材とステンレス天板のキッチンやそこから見える庭の景色。慌ただしい平日の朝ごはんの時間や、晩御飯の支度すら豊かな時間に変えてしまいます。陽が出れば木漏れ日が、風が出れば枝が揺れ、春になれば新芽が芽吹き、雨が降れば植栽が映り込む水面のようになるウッドデッキ。スタティクな建築物に対照的で、庭は表情豊かに時間の流れを可視化してくれます。無垢のウッドデッキやガーデンファーニチャーは、経年変化でシルバーグレーになっていますが、それこそが本物の証。キッチン、リビング、ダイニングどこから構えてでも、素敵な背景をお届けすることが出来るのです。大多数でのムービー撮影よりスチール撮影の方が向いているかもしれません。都心からのアクセスの良い、庭の緑を取り込むことにこだわったインテリアの一軒家は、TheHomeの中でも希少です。

戸塚区のリノベーション一軒家スタジオ(個人邸)

戸塚区のリノベーション一軒家スタジオ(個人邸)

横浜市戸塚区のフルリノベーションをした一軒家住宅。階段を上ってからのインターホンや門と玄関ドアの角度の付いた位置関係は希少です。一階リビング&ダイニングは食器棚とダイニングテーブルのみと非常にシンプル。床壁材、建具、カラーリング、照明の選択が絶妙でリノベーションの雰囲気が満載。2カ所のドアを閉めきればマンションの一室に見立てることも可能です。そしてこの一室を遮光することは難しくありません。もう一つの特徴は住宅と公園が隣接しており敷地内から公園への出入りが自由に出来ること。家のサイズが大きな訳ではないですが、駐車スペース、機材置き場など撮影環境には好条件が揃いました。

町田の一軒家スタジオ(個人邸)

町田の一軒家スタジオ(個人邸)

東京都町田市の一軒家ハウススタジオ。細長い駐車スペースは縦列で最大4台収容可能。 外観はリゾートホテルのように上品な佇まい。車を降り、ヨーロッパの石造りを彷彿させる玄関までのアプローチも非日常的で優雅な空間。1階LDK約30畳の一部は天井吹き抜けとなっており開放的で採光も抜群。奥からキッチン、ダイニングテーブル、ソファの順番はよくある定番の配列。全体の内壁は明るく清潔な白で統一されているが、部屋ごとにもテーマ分けされており、印象的なカラーや特徴的なパターンの壁紙も。植栽もよく手入れされており特に庭の緑と背後にある裏山との一体感は絶妙。中庭は小さな森を感じさせる雰囲気があり、約40平米の北側の庭にも、タイルデッキにソファやテーブル、パラソルなど、撮影スポットは至るところに。夕暮れ以降のライトアップはさらに雰囲気が高まり、撮影スタジオ前提でデザインされた戸建てが住宅街に浮かびあがる。

真鶴の一軒家スタジオ(個人邸)

真鶴の一軒家スタジオ(個人邸)

築100年の古民家の軸組と野地板を残してスケルトン解体し、古い木製建具やフローリング、天井板の一部を再利用という環境に配慮した一軒家。セメント成型板と杉板の二種類の外壁や、床材のチョイス、配置された家具や食器などはどれもセンスが良く空間を和風一辺倒に見せません。外観は平屋ですが、一部ロフトがあり梁の上から俯瞰撮影が可能。リビングとダイニングの建具を取り外せばより広い空間に。建築サイズに限りはありますが、同じ敷地内にある別棟などを控室にとスタジオ化計画も着々と進行中。

都内から90分 神栖の住宅

都内から90分 神栖の住宅

都内から高速で90分。建物の外周に敷地が有るので玄関先や車の出入庫などのシーンはお薦め。廊下や部屋を仕切りる壁が少なく撮影には好条件が揃っています。具体的には1F玄関の土間から、フリールーム、寝室の2部屋の奥行きを撮ることが可能。この間取りは他のThehome.のスタジオ(一軒家)には無く希少です。2階LDKもワンフロアーで、家族の団欒、料理シーンなど一軒家スタジオ定番の撮影シーン全てに対応が可能。カラーリング、素材感など若い世代が憧れる要素がこの家には詰まっています。もうひとつの特徴は都内では実現できない引いて撮ることが出来ます。敷地内からも引いて撮影出来ますが、通りの反対車線側からもカメラを置くことが出来ます。敷地内にも駐車は5台は置けますが、それ以上の駐車は近隣の駐車場を有償で借りることが出来ます。近隣のご協力も頂き撮影しやすい環境が整っています。

文京区小日向の住宅(個人邸)

文京区小日向の住宅(個人邸)

撮影専用のハウススタジオにも見えますが実際に人が住まれてます。オーナー宅は共同住宅の1室で2FLDKと寝室の2部屋がスタジオとして利用が可能。LDKの天井が高いので解放感あり。普段から部屋を綺麗にしているので現状復帰が比較的容易です。暗く感じるようであればバルコニーからは照明も当てることも可能。特徴は四方に空間のあるアイランド型キッチン。事前に打合せをすれば食器の提供も可能。もう一つは横長のカウンターテーブル。リモートワークやパソコン操作をしているシーンの撮影が出来ます。寝室が2部屋あるので男女の演者さんの控室として利提供可能。部屋の中央にガラスの引き戸があり、撮影スペースとチェックスペースを仕切れます。部屋全体はライト色の幅広フローリングに薄いグレーの壁。藍色やマゼンダカラーのポイント色は綺麗に映えます。少しリッチな一人暮らしや若いファミリーの住宅として設定可能なスタジオです。

世田谷の一軒家スタジオ(個人邸)

世田谷の一軒家スタジオ(個人邸)

撮影場所となるLDKは2階となります。床の高さが異なる設計なので空間全体に立体感を感じます。ダイニングとキッチンは同じ床の高さ。そこからリビングに行くには数段の階段を上ります。さらにその高いリビング全体を俯瞰できる広いロフトがあります。 室内階段からはその中間の高さからの撮影が可能です。またリビングの床と同じ高さにあるのが事務所の机。普段はこの空間でお子さんが遊びまわりご主人がデスクワークをしているのが日常だそうです。 内装はシンプルな感じで床の無垢材をはじめ木質感が印象に残ります。リビングを見上げるとバルコニーがありますが全面ガラス張りとなっているので採光は十分です。特にリビングの家具が少ないので空間全体はスッキリとした感じです。 キッチン周りのスペースが広いのでどこからでも撮影が可能な万能型なスタジオです。1F部分の撮影スペースは基本的にありませんが、演者さんの控室などにも代用も可能なのでご相談ください。 東京の世田谷という立地でこのような素敵な住宅をスタジオとして利用承諾戴けたオーナーさんに感謝です。

ランドマークを一望出来る山手の住宅(個人邸)

ランドマークを一望出来る山手の住宅(個人邸)

横浜市山手からのエントリー。こちらの個人邸は他の掲載物件とは違い、まだオーナーさんが住んでおりません。引越しされた後にスタジオ契約するかは未だ未定なので期間限定のレア物件となりそうです。ロケ地は閑静な住宅街の中にあり2階リビングからは横浜の街が一望できます。その天井高は最高5mもありとても解放的です。天井、床には天然無垢材、壁には珪藻土をふんだんに使用。自然素材に包まれた新築スタジオとなります。更には広いリビングを見渡せるロフトがあるので上から見下ろしての撮影も可能です。一軒家の撮影になると古さを感じるスタジオが多いですが、このスペックで家一軒まるまる使用出来るのはなかなかありません。実際にオーナーさんが住まわれていないので生活臭は少な目ですがThehomeで一番注目のスタジオです。

吉祥寺の住宅(個人邸)

吉祥寺の住宅(個人邸)

採光抜群、やさしい木の質感が伝わる個人邸 2階に上がると大きな1フロアのリビングが広がる。フローリング、天井、サッシは全て無垢材。正面には建築家吉村順三が考案した外枠、中枠の幅が全て同じ障子を配置。和洋どちらの撮影でも対応が可能。そしてこの空間に調和する家具たちはイギリス、デンマークから調達。これだけ部屋全体が多くの木に包まれながらも空間全体は1つにまとまってしまう不思議な空間。北側の障子の付いた大きなFIX窓と東側にある大きな掃出しからの採光は十分過ぎるほど。近くに接近した建物がないおかげで都内の住宅密集地にはない武蔵野の面影を感じさせる他に無い希少な現場でもある。