タグ : トレンド の一覧

葉山海岸の一軒家ハウススタジオ

葉山海岸の一軒家ハウススタジオ

湘南・葉山海岸沿いの一軒家スタジオ。ウッドデッキに出れば更に臨場感があり「目の前が海」という言葉通りのロケーション。外壁はチャコールグレーのサイディングに木目をそのまま活かしたウッドデッキの組み合わせ。内装は木材をふんだんに使用した落ち着く和モダン。1階はLDKのスペースが広く、仕切る壁も少ないのでカメラを置く位置には困らないでしょう。階段上がるとベッドルームが2部屋でメイクや待機部屋としてしても利用可能。駐車スペースは隣接した広めのコインパーキングがあるので便利です。更には長期利用が出来るのでドラマ、映画の撮影にも向いています。夏場のハイシーズンは料金変動となりますが、早目の確定をして頂ければ使用可能です。他の撮影案件でスタッフの待機、宿泊施設としてもご利用出来るのでご相談下さい。

都内から90分 神栖の住宅

都内から90分 神栖の住宅

都内から高速で90分。建物の外周に敷地が有るので玄関先や車の出入庫などのシーンはお薦め。廊下や部屋を仕切りる壁が少なく撮影には好条件が揃っています。具体的には1F玄関の土間から、フリールーム、寝室の2部屋の奥行きを撮ることが可能。この間取りは他のThehome.のスタジオ(一軒家)には無く希少です。2階LDKもワンフロアーで、家族の団欒、料理シーンなど一軒家スタジオ定番の撮影シーン全てに対応が可能。カラーリング、素材感など若い世代が憧れる要素がこの家には詰まっています。もうひとつの特徴は都内では実現できない引いて撮ることが出来ます。敷地内からも引いて撮影出来ますが、通りの反対車線側からもカメラを置くことが出来ます。敷地内にも駐車は5台は置けますが、それ以上の駐車は近隣の駐車場を有償で借りることが出来ます。近隣のご協力も頂き撮影しやすい環境が整っています。

ラ・ストーリア FIORE(横浜市緑区)

ラ・ストーリア FIORE(横浜市緑区)

リゾートホテルのような白い外壁にターコイズブルーの玄関ドア。建物全体の撮影は問題ないですが、室内の撮影が出来るのは正面に立って左側の住居(ウッドデッキが見える方)となります。集合住宅なのでスペース的な限界はあるもののリビングとダイニングの床に高低差を設けているので、立体的で実際よりも広く感じます。バス、トイレ含む全ての部屋が使用可能なので、アパートとしても一軒家としてもどちらにもみせることも可能。このサイズ感と間取りのスタジオは珍しくないですが、印象に残るのはこの建物と家具と雑貨のセンスが良いこと。実はこの住居は集合住宅をデザインした会社のショールームを兼ねているので細かい置物まで全てトータルコーディネートされているのです。20代から30代の方が好みそうな生活感がうまく演出されています。予め使用時期を伝えて貰えれば長期貸し出しも可能。周辺は閑静な住宅街ですが、袋小路の敷地は撮影しやすい環境となるでしょう。一度ロケハンでお確かめください。

私道が使えるクリフヴィレッジ(東京都日野市)

私道が使えるクリフヴィレッジ(東京都日野市)

多摩川、浅川、多摩丘陵と沢山の自然に隣接する東京日野市。スタジオはこの街並みを一望できる南斜面を活用した3棟のアパート。敷地全体が袋小路となっておりアパート住人の通行を除けばクローズドな環境となります。敷地を繋ぐ私道は駐車スペースや機材置場としても利用可能で撮影進行がスムーズ。外観、内観のデザインはスタイリッシュでかなりお洒落。撮影可能となる対象はアパート3棟の外観と外周。室内については予め家具が設置してあるショールーム部屋となります。他の部屋を追加で使用する場合は要相談で別途見積となるのでご了承下さい。ある程度の撮影規模に対応可能で長期使用も出来る希少なスタジオは映画やドラマ向き。未だ開発は継続中でスケールは更に広がるので、ロケハンで最新の状況をご確認ください。

品川の1人暮らし住宅(個人邸)

品川の1人暮らし住宅(個人邸)

東京都品川区の一軒家の4F建て狭小住宅。玄関ドアを開けるとすぐにLDK。撮影お薦めポイントはズバリこの空間。本物のRC(コンクリート)は少しクールで大人っぽい。床に使用している古材も今風でおしゃれ。男性と女性どちらの1人暮らしにも設定が可能。このギュッと詰まった1Fの空間を2階から照明当てることも俯瞰撮影も出来る。ベッドルームはメイクと控室として使用可能。Thehome掲載物件史上最も小さなハウススタジオ。ミニマムサイズでも普通のアパートやワンルームに何かアクセント付けたいという撮影にお薦め。

田園調布の住宅(個人邸)

田園調布の住宅(個人邸)

東京都大田区田園調布の一軒家。玄関、LDK、浴室、洗面、全てが広く色々な位置からカメラを置くことが出来る。圧倒的な解放感のLDKは天井が通常の住宅より高いが、3Fロフトスペースから俯瞰撮影も可能。インテリアと家具は白から淡いベージュで統一され、室内全体が上質な雰囲気に包まれ「高級感」「セレブ感」の演出を更に高める。キッチンカウンターは高めにオーダーされているので、外国人モデルでもサイズ的な問題は解消され、海外の住宅という設定で撮影しても何の違和感もない。生活者がいる一軒家住宅でありながら機材置き場、メイクスペース、控え室、映像チェックスペースなど諸々の課題にも対応できるハウススタジオに近い機能を装備している。

中野のリノベーション住宅(個人邸)

中野のリノベーション住宅(個人邸)

東京都中野区の築60年の一軒家をフルリノベーション。ほっとする昭和の趣きと最近のトレンドがうまく融合した他にはない空間です。1Fの各部屋は昭和40年代前後の生活感を再現。その一方でガラス貼りの白い浴室はお洒落で斬新なスペースとなっています。2Fは仕切りがなくリビング、ダイニング、キッチン、屋根付ベランダのどこからでもカメラを置けるので撮影しやすい空間に。生活用品、アパレル、雑貨、家電、飲料、食品などを1人暮らしから大家族まで、昭和から令和からどの時代背景にも幅広い設定での撮影が可能です。

中目黒の住宅(個人邸)

中目黒の住宅(個人邸)

LDKは地下1Fですが、地上からの採光を最大限に取り入れていることが出来ています。一軒家でも広めのマンションでも両方設定が可能。キッチン周辺はスペースがあるので正面からも横からも撮影が可能です。オーナーさんのセンスが良いので大概キッチンの小物はそのまま撮影背景として使用されます。都会的な雰囲気を醸し出しながらもシャープ過ぎず、温かみのある生活感を体感できるお洒落なスペースです。食品、アパレル、雑貨、幅広い業種でご利用可能です。 現在では部屋を広くみせるために壁に鏡を設置して好評を得ています。

山手の住宅vol 3

山手の住宅vol 3

新築住宅ですが、あまり生活感が漂わない綺麗で若い感じの住宅です。キッチンを中心に色々な方向からの撮影が可能です。実際にはそれほど大きな住宅ではありませんが、二階の待機部屋など空いてる部屋が多いので1軒丸ごとスタジオのように使うことが可能です。無垢のフローリングや木製のドアなど本物の建材を使用しているのでチープな感じは全くしません。ハウメーカーには無い個性的な可愛い一軒家です。