タグ : 和室 の一覧

真鶴の一軒家スタジオ(個人邸)

真鶴の一軒家スタジオ(個人邸)

築100年の古民家の軸組と野地板を残してスケルトン解体し、古い木製建具やフローリング、天井板の一部を再利用という環境に配慮した一軒家。セメント成型板と杉板の二種類の外壁や、床材のチョイス、配置された家具や食器などはどれもセンスが良く空間を和風一辺倒に見せません。外観は平屋ですが、一部ロフトがあり梁の上から俯瞰撮影が可能。リビングとダイニングの建具を取り外せばより広い空間に。建築サイズに限りはありますが、同じ敷地内にある別棟などを控室にとスタジオ化計画も着々と進行中。

北鎌倉のハウススタジオ

北鎌倉のハウススタジオ

北鎌倉にある二階建ての一軒家スタジオ。最近になり宿泊施設として部分的なリノベーションを行い、建物全体に昭和の懐かしい面影が残っています。付近は密集した住宅街ではありませんが、大人数で道路に出たり、大きな音を出したりすることが難しいエリアとなります。機材の搬入は最大でハイエース1台が停められるスペースがありますが駐車は出来ません。室内は基本的に「和」ベースですが、オークのフローリングや配置された家具や照明がシンプルでモダンな印象を与えます。Thehome.では原則、水着含むグラビア撮影の対応はしておりませんがこのスタジオは対象外となるのでご相談下さい。週末の料金が高い設定になっているので平日のご利用がお薦めです。他の撮影案件でスタッフの待機、宿泊施設としてもご利用出来るのでご相談下さい。

中野のリノベーション住宅(個人邸)

中野のリノベーション住宅(個人邸)

東京都中野区の築60年の一軒家をフルリノベーション。ほっとする昭和の趣きと最近のトレンドがうまく融合した他にはない空間です。1Fの各部屋は昭和40年代前後の生活感を再現。その一方でガラス貼りの白い浴室はお洒落で斬新なスペースとなっています。2Fは仕切りがなくリビング、ダイニング、キッチン、屋根付ベランダのどこからでもカメラを置けるので撮影しやすい空間に。生活用品、アパレル、雑貨、家電、飲料、食品などを1人暮らしから大家族まで、昭和から令和からどの時代背景にも幅広い設定での撮影が可能です。

三崎口の住宅 (個人邸)

三崎口の住宅 (個人邸)

鮮やかな色の屋根と薪ストーブの煙突が印象的な住宅。実は建築金物を一切使わず継手や支口といった日本の伝統技術を駆使した⽊造伝統⼯法の一軒家なのです。まず下駄箱で靴を脱いで外縁(渡り廊下)を通り蔵戸(玄関戸)に辿り着きます。よくある昭和な縁側とは違う趣きがあり、廊下の幅が広く長いので歩いても、腰かけてもどちらの撮影も可能。LDKは綺麗な長方形に収まり、キッチン側、リビング側からカメラを向けても背景に奥行感があります。床、壁、天井の仕上げ材はこだわりがあるので一般のハウススタジオではお目にかかることは出来ません。特に天井には東西に伸びる松の梁が掛かっておりダイナミックで圧巻です。2階に上がると梁と柱を近くでみることも出来て上から俯瞰することも可能。窓からの採光は充分ですが四方に掛かる梁のおかげで照明をたてるのは比較的容易です。高台に位置しているので天気が良いと三崎港が眼下に広がり更にその先の大島も一望出来ます。都内から車で90分から120分のアクセス。最寄の三崎口駅からは3km弱の道のりでタクシーの利用も容易です。

鎌倉の一軒家ハウススタジオ(古民家)

鎌倉の一軒家ハウススタジオ(古民家)

この土地に住居を構えたのは今から遡ること何百年も昔のことで鎌倉、室町から代々続く名家です。当時は茅葺屋根でしたが1985年に大幅な改修工事を行い貴重な古民家として復活しました。日本古来の伝統的な工法が用いられ外観も内観も風情があります。そのまま時代劇に使えるのではないかというくらいの佇まいは見事です。歴史を反映する撮影、日本の和を引き立たせる撮影など色々なシーンのご利用がいただけます。畳や襖など多少傷んでる箇所もあり、生活感が出ている部屋もありますが庭に面した部屋は多少モノを動かせばすぐに撮影に入れます。家の外周は竹林、梅林などがあります。オーナーは別宅として使用されているので撮影日の連続、夜の照明など、一般の民家では難しいとされる課題もクリアしています。

山手の住宅vol 2(個人邸)

山手の住宅vol 2(個人邸)

玄関を入ると土間から廊下と続きますが一般の住宅より各スペースが広いので出入りのシーンなどには向いいるでしょう。隣りに位置する和室は綺麗な畳が敷かれ周囲の小物も良い雰囲気を醸し出しています。こあがりとなっているので引いて撮ると高級感が一層引き立ちます。メインは2階にあるLDKとなるでしょう。階段を上りきるとリビング中央にダイニングテーブルがありますがスペースに余裕があるので色々なアングルでの撮影が可能です。ロフト部分からはリビング全体を撮り下ろすことも可能。すぐ後ろがキッチンカウンターになっているのでリビング&キッチンと連動したシーンの撮影にも最適です。設計上の特徴として2F部分のガラス面が非常に多いので全体が明るく採光には申し分ありません。大きめのバルコニーに出ると遠くの風景まで一望することが出来て抜け感も抜群で、室内から外の風景も映る奥行きのあるシーンも望めます。書斎とソファーのスペースでは床の高さが異なるので高低差を活かした撮影が可能。背景となる壁面も綺麗に整理整頓されているので綺麗でスタイリッシュです。全体的に明るく強い偏りが無い万能タイプのハウススタジオとご認識ください。

湯河原撮影スタジオ村

湯河原撮影スタジオ村

地元の人でも立ち入ることが無さそうな湯河原の山奥に工房、厘場(りんば)、丁稚小屋、ニワ鳥小屋、トイレ、と広い敷地に複数の建築物があることからこう命名しました。撮影可能となるのはまずこの敷地内。勿論オーナーさんの仕事場として使用している場所なので撮影に関しては確認や制限などがあります。ドラマの背景としてもおススメです。唯一、内部の撮影がOKとなったのは工房の2階にあるショールーム。従来は仕事の打合せやミーティングスペースですが、とにかく内装が個性的でインパクトが有り、しかも広いという好条件が重なり登録となりました。入ってまず驚かされるのはダイナミックな数本の大きな梁。大きな掃き出し窓から見える風景は周辺の山林。大きな別荘やロッジのような設定も可能です。屋外でのロケと併せての使用をお勧め致します。