タグ : ドラマ の一覧

青葉区商店街連合の各店舗と商店街風景

青葉区商店街連合の各店舗と商店街風景

横浜市青葉区に各商店会加盟中の店舗内外と商店街の撮影マネージメントを行います。商店会には大企業や金融機関など色々な形態の店舗も含まれますが、全ての加盟店舗の撮影を保証出来るものでは無いので予めご了承下さい。商店街の外観も、長さ、歩道の有無、屋根の有無などバリエーションも豊富です。エキストラ招集のサポートやロケ弁手配も対応します。対象となる商店街は以下の通り。「青葉台商店会」 「たまプラーザ駅前通り商店会」 「藤が丘商店会」 「市ヶ尾商栄会」 「あざみ野商店会(協)」「青葉台南商店会」 「たまプラーザ商店会 (一社)」「たまプラーザ中央商店街」 「桜台商店会」 「江田駅周辺商店会」 「市が尾商店街」「荏田商店会」 「すすき野商店会」 「奈良北商店会」 「荏田本通り商店会」 以上15の商店街となります。多数店舗が対象となるので、撮影の企画、風景をご相談いただければ、最適な店舗又は商店街をご案内いたします。スチール撮影及び映画、連続ドラマ、再現ドラマ、CMなどの動画撮影が可能です。 ※撮影料金は目安で規模や商店街を紹介する情報番組などは都度検討致します。 ※店舗の休業補償が発生する場合は別途見積となります。 ※加盟商店街一覧はこちらをご覧ください。

Simple&Beauty 神栖の住宅

Simple&Beauty 神栖の住宅

都内から高速で90分。建物の外周に敷地が有るので玄関先や車の出入庫などのシーンはお薦め。家のサイズは決して大きくないが廊下や部屋を仕切りる壁が少なく撮影には好条件が揃っています。具体的に1F玄関、フリールーム、寝室のカメラ置く位置は自由度が高いはずです。これはロケハンすればお分かり頂けます。2階LDKもワンフロアーで、家族の団欒、料理シーンなど一軒家スタジオ定番の撮影シーン全てに対応が可能。カラーリング、素材感など若い世代が憧れる要素がこの家には詰まっています。従来のスタジオとは違う「新しさ」や「トレンド」をどうか体感してください。

ラ・ストーリア FIORE(横浜市緑区)

ラ・ストーリア FIORE(横浜市緑区)

リゾートホテルのような白い外壁にターコイズブルーの玄関ドア。建物全体の撮影は問題ないですが、室内の撮影が出来るのは正面に立って左側の住居(ウッドデッキが見える方)となります。集合住宅なのでスペース的な限界はあるもののリビングとダイニングの床に高低差を設けているので、立体的で実際よりも広く感じます。バス、トイレ含む全ての部屋が使用可能なので、アパートとしても一軒家としてもどちらにもみせることも可能。このサイズ感と間取りのスタジオは珍しくないですが、印象に残るのはこの建物と家具と雑貨のセンスが良いこと。実はこの住居は集合住宅をデザインした会社のショールームを兼ねているので細かい置物まで全てトータルコーディネートされているのです。20代から30代の方が好みそうな生活感がうまく演出されています。予め使用時期を伝えて貰えれば長期貸し出しも可能。周辺は閑静な住宅街ですが、袋小路の敷地は撮影しやすい環境となるでしょう。一度ロケハンでお確かめください。

私道が使える横浜の住宅街

私道が使える横浜の住宅街

神奈川県横浜市某区の私道付の複数の住宅で基本外部の撮影です。住宅街、駐車場、玄関先、道路のシーン全て対応可能です。住宅周辺のロケは住人の方からのご協力が不可欠です。企画の内容に依っては撮影をお断りする場合も有るのでご了承下さい。住人のご協力をいただければ撮影をスムーズにする環境が実現します。Thehomeがロケハン、本番時の現場管理とリクエストに対する交渉を行います。掲載画像はイメージなので興味あるご担当者には個別に画像と簡易映像をご案内致します。

私道が使えるクリフヴィレッジ(東京都日野市)

私道が使えるクリフヴィレッジ(東京都日野市)

多摩川、浅川、多摩丘陵と沢山の自然に隣接する東京日野市。スタジオはこの街並みを一望できる南斜面を活用した3棟のアパート。敷地全体が袋小路となっておりアパート住人の通行を除けばクローズドな環境となります。敷地を繋ぐ私道は駐車スペースや機材置場としても利用可能で撮影進行がスムーズ。外観、内観のデザインはスタイリッシュでかなりお洒落。撮影可能となる対象はアパート3棟の外観と外周。室内については予め家具が設置してあるショールーム部屋となります。他の部屋を追加で使用する場合は要相談で別途見積となるのでご了承下さい。ある程度の撮影規模に対応可能で長期使用も出来る希少なスタジオは映画やドラマ向き。未だ開発は継続中でスケールは更に広がるので、ロケハンで最新の状況をご確認ください。

三浦海岸の住宅(個人邸)

三浦海岸の住宅(個人邸)

ドアを開けるとそこは海!そんな誰もが憧れるロケ地(住宅)がエントリー。玄関ドア~階段~アプローチ~門までの距離感が良く、高低差もあるので上からも下からも立体感ある撮影が可能。リビングからテラスへ出ると気持ちの良い風を感じながら綺麗なブルーの三浦河岸を一望できます。LDKは白を基調とした家具と海をイメージした小物が配置。手作りあり、海外購入ありと、1つ1つへのオーナーさんのこだわりを感じます。早朝から深夜の利用も可能。ドラマの舞台や数日掛かりの撮影も対応可能となります。敷地内にも駐車は可能ですがゲートの高さ制限があるので乗用車タイプのみ入場可能。但し、周辺に無料と有料の駐車場があるので使い勝手も非常に良いです。

たまプラーザの白いビューティーショップ

たまプラーザの白いビューティーショップ

人気の田園都市線、中でも話題の多いたまプラーザ駅近くの店舗です。商店街の中でも一際目立つ白く高級感漂う外観。店舗と歩道の間に軒先スペースがあるので色々な用途にお使い頂けます。内装も白で統一されており、モールディングやロゼットもお洒落なアクセントとなっています。店舗は南向きなので長い時間の採光が確保できます。店内にはあまり物が置かれていないので、家具や美術小物の搬入も比較的楽です。現状復帰にも時間を要しません。渋谷から電車で約20分、東名川崎インター下車7,8分のアクセスも良好。

鎌倉のハウススタジオ(古民家一軒家)

鎌倉のハウススタジオ(古民家一軒家)

この土地に住居を構えたのは今から遡ること何百年も昔のことで鎌倉、室町から代々続く名家です。当時は茅葺屋根でしたが1985年に大幅な改修工事を行い貴重な古民家として復活しました。日本古来の伝統的な工法が用いられ外観も内観も風情があります。そのまま時代劇に使えるのではないかというくらいの佇まいは見事です。歴史を反映する撮影、日本の和を引き立たせる撮影など色々なシーンのご利用がいただけます。畳や襖など多少傷んでる箇所もあり、生活感が出ている部屋もありますが庭に面した部屋は多少モノを動かせばすぐに撮影に入れます。家の外周は竹林、梅林などがあります。オーナーは別宅として使用されているので撮影日の連続、夜の照明など、一般の民家では難しいとされる課題もクリアしています。

フレンチ&アンティーク家具 湯河原の住宅(個人邸)

フレンチ&アンティーク家具 湯河原の住宅(個人邸)

湯河原の海岸から少し奥に入った見晴しの良いフレンチリゾート風な個人住宅。 シンプルな外観からは想像できないくらい撮影ポイントが至るところにあります。リビングダイニング、キッチンまでの大空間は様々なシーンの撮影が可能でしょう。室内のデザインは黒やグレーを基調としたシックなフレンチスタイルで、家具や小物はオーナーが海外で購入したアンティークなものばかり。このようなセンスの良い小物も全て無料で使用が可能。ソファが置いてあるスペースは吹き抜けとなっており個人住宅特有の圧迫感が有りません。2階からも見下ろせるので色々な角度からの撮影が可能。そしてこの広いスペースは外部のウッドデッキとも直結しており、折れ戸を全て開け放つと気持ちの良い解放感を味わえます。メインの部屋以外には風情のある伊豆石で造られた浴室や四角い琉球畳が敷かれた和室など日本の文化や特徴を伝える部屋もあります。外部にも屋根付きのピロティ的なスペースがありスタッフ待機所や撮影背景、どちらでのご利用も可能です。周りを緑に囲まれて自然豊かな素敵な環境でロケを行うことが出来ます。

海外住宅のようなアパートメント3棟(プリマヴィラージュ 東飯能)

海外住宅のようなアパートメント3棟(プリマヴィラージュ 東飯能)

埼玉県飯能市にセンス抜群のお洒落な広々した撮影空間がハウススタジオとして登場。 圏央道の開通でアクセスが良くなった狭山日高インター下車近く。本来は単身女性専用のアパートだが外観からの撮影許可を特別に頂いた貴重なロケ地。建物の構造上布団や洗濯物が外部から見えないので生活臭を感じさせません。しかも広大な敷地に大小3棟が建ち並び奥行き感もバッチリ。まずこの建物3棟と周りの植栽たちはひときわ目立ちます。門を入ると英国のガーデンを見学しているのかと錯覚するほど、綺麗で素敵な空間。床は珍しいピンク色の砂岩やモザイク状の大理石が敷き詰められ、ここに高級ブティックがあっても全く違和感を感じさせない。駐車場側は周辺の住宅地などの映り込みは避けられないが、建物側は遠くの風景が映りこまず処理どで色々な撮影ポイントは多数あり。夕方以降のライトアップした建物は高級感がぐっと増します。 タイミングに依っては実際の部屋をメイク室、控室としての利用も可能。大規模撮影の実績もあり。

Cafe Riverside 武蔵野(家カフェ)

Cafe Riverside 武蔵野(家カフェ)

外壁のシダー材が印象的な一軒家スタジオ。綺麗な仕上げ面を使わず木の質感が伝わる裏面を敢えて表向きに張っています。ウッドデッキを上がると片引きの大型木製サッシがお出迎え。庭は決して広くはないですがポイントとなる植栽が印象に残ります。店内は床モルタル、壁は白ペイント、梁と天井も全て無垢材、家具は全てがこだわりで国内外の有名ブランドの逸品ばかり。奥に入っても入口の大開口と横に長い木製サッシが貴重な採光を届けます。シンプルで日本らしさと海外の雰囲気をも感じさせる素敵な一軒家カフェです。